202003.29

考えるということ

Post by 中西千華 2020年3月29日

先日帰宅したら鞄に桜の花びらが入っていたので、レインボーが見られる水晶に載せてみました。

美しいです。

わたしは職業柄、万が一東京がロックダウンになっても、基本的な生活は変わりません。

国民を守る補償の決断もままならない日本がロックダウンできるのか、わからないですが・・・。

わたしの感覚では、東京で新型コロナはとっくに蔓延しており、小池知事は感染拡大による「オーバーシュート」と言っていますが、ただのオーバーシュートではないと感じています。

10日ほど前に新型コロナの迅速検査キットが発売されました。

それが意味するところは、これまで、結果が出るまで約48時間かかるPCR検査は保健所の許可がないと検査ができなかったのが、保健所の許可なしに検査ができるようになったということです。

保健所はPCR検査をなかなか許可してくれなかったのは事実のようで、陽性患者の人数が把握できませんでした。

要するに、保健所が渋々PCR検査を許可し始めたのと、一部で自由に検査できるようになったから感染者が増えているという側面があるということです。

まだ迅速検査キットは普及していないので、普及するころにまた感染者数が増えることが考えられます。

もう一つ、富士フィルム傘下の製薬会社が作ったアビガンは特許が切れており、中国はとっくに正式採用を決めて量産を始めました。

28日、昨日の朝日新聞で

「安倍晋三首相は28日、首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルスに感染した患者に対し、臨床研究(観察研究)として使い始めている新型インフルエンザ治療薬「アビガン」(一般名ファビピラビル)について、薬事承認を目指す考えを示した。「正式に承認するに当たって必要となる治験プロセスも開始する考えだ」と述べた。」

と書かれていました。

遅すぎます。

非常に遅い。

わたしの考えてとしては、量産しながら、今ある在庫をすぐに使い始めるべきだと思います。

アビガンは肺炎になってしまったら効かないといわれています。

陽性になってから肺炎になるまでの限られた時間に、投薬する必要があります。

日本で開発された薬なのに日本で未だ使えず、人命がかかっています。

わたしはこのようにもどかしい気持ちでいますが、みなさんはどのようにお考えでしょうか。

わたしの考えは全て正解ではないですし、まだ”ウラ“があります。

みなさん、この歪んだ世界の状況をじっくり考えてください。

決して恐怖にとらわれず、明るく前向きに、です。

そして、是非、助け合ってください。

コーチングでは、抽象度の上げ下げをする練習を、と申し上げるのですが、今は抽象度が下がりやすくなっています。

抽象度、視点が下がりやすい状況では、”今!“抽象度を上げて考えられているか、注意する必要があります。

セルフトークをいつも以上にチェックするようにして頂ければと思います。

202003.21

一人の医師として、コーチとして

Post by 中西千華 2020年3月21日

写真はわたしがこれまで毎日通勤時に使っていたマスクです。

今では手に入らないのでストックしていたものを使っています。

今日は一人の医師として、コーチとして、記事を書きます。

「政府は4月の新学期から、一斉休校の要請を一部解除する」(毎日新聞より)というニュースが流れました。

このニュースは少し安心感をもたらすものではありますが、油断するのはまだまだ早いと感じています。

子供への感染が非常に少ないという事実があり、大人が集まる職員室での感染が気にかかるところです。

わたしは医師ですが、新型コロナウイルスについては全てが終息してから全貌が分かるのだろうと考えています。

得体の知れないものに対して、人間は恐怖を感じます。

そして今回の場合は「死」に対する恐怖に直結しています。

その恐怖が、ティッシュやトイレットペーパーの買い占め、その他ウイルスに効くとテレビで流れた食品などの買い占めを引き起こしています。

日本人の思考の抽象度が下がり、パニックになっています。

わたしはトイレットペーパーが買い占められているなど全く知らず、たまたま行った歯科医院で歯科医師に聞きました。

今回の新型コロナのパニックにおいて、日本のメディアの質がいかに低いかが露呈されたように感じます。

ウイルスよりも日本のメディアの方が怖いのではないかと思うこともあります。

現状、日本における新型コロナ関連の情報を、日本語で正確に得るのは難しいです。

日本の感染者数や死者数も正確ではない中、わたしたちはできることをする必要があります。

・正しい手の洗い方で、石鹸で手を洗う(youtubeに動画があると思います)。

・よくうがいをする。

・帰宅したらシャワーを浴びる、できれば湯船に浸かる。

・人が多いところには行かない。

・免疫力を維持するため、新鮮なものを食べ、よく眠って疲れを取る。

マスクは、できればする方が良いです。

通常のマスクはウイルスを通すので感染の防御はできませんが、鼻と口、顔の約半分を覆うことに意味があります。

N95マスクを必死に探して高額で購入するのでなく、基本的な予防方法を是非続けてください。

わたしは感染症のスペシャリストではありません。

ですが、基本的な予防を淡々と続けることが大切だと思います。

これらは生活の中でわたしたちができることで、さらにすべきは抽象度を上げ視野を広げる必要があります。

今世界で何が起きているのか、何が正しい情報なのか、思考する必要があります。

わたしたちは半ば思考実験されており、恐怖のためトイレットペーパーを買いに行っている場合ではありません。

わたしたちの住む世界の構造について熟考して下さい。

考えて考えて、力を合わせなければならない状況です。

そのためには抽象度を上げる必要があります。

全てが正しいとは限らず、全てが間違っているとは限らない。

その中で考え抜いて下さい。

201908.05

10年間ありがとう

Post by 中西千華 2019年8月5日

コーチングとはあまり関係のない記事になります。

一緒に10年という時を過ごしてくれた動物が、亡くなりました。

小さい動物、かつ捕食される動物なので、本当に死ぬ間際まで辛そうな素振りは見せませんでした。

ただ、あまりに急で、ここ2日餌の減りが少ないことを気にしていたところでした。

餌やおやつのストックも減ってきたので、買ったばかりでした。

10歳ですと、おそらく寿命で、天寿を全うしたとは思うものの、

やはり寂しく感じます。

帰宅したところ、普段と違う姿勢でいたので、嫌がるのを承知で抱き上げました。

生きていましたが身体に力は全く入っておらず、わたしが座って抱いている間にゆっくりゆっくり亡くなりました。

わたしの腕の中で亡くなっていく様子をただ見るのは、なんとも言えない気持ちになります。

もう寿命であり死ぬことを決めた動物を、動物病院に連れて行くことはわたしはしないので、

ただ、最期の時を静かに一緒に過ごしました。

死にゆく彼女を抱きながらいろいろ考えさせられました。

わたしは文面で、自分が不可逆的に死に向かっている時、西洋医学で言う無駄な延命治療を拒否しています。

みなさんは……、みなさんの最期にどのような選択をしますか?

正解はなく、自由です。

ただ、考えておくことは、自分のためにも遺される方々のためにも、非常に大切だと思います。

201907.27

恩師

Post by 中西千華 2019年7月27日

写真はわたしが研修医のころに買った聴診器です。

医師免許を取ったばかりのころは、早く成長したくてたまらなくて、今思えばわたしは必死で、焦っていました。

写真の高額な聴診器や名前の入った白衣などは、医師としての臨場感をより早く強く得るためのツールだったのかもしれないなと思います。

この聴診器はもう長らく使っておらず、わたしの名前の入った白衣は今の働き方では必要ないので捨てました。

どの手術室にもオペ着があり、わたしは白衣を着ていなくても医師だからです。

話は変わりますが、先日恩師と電話でお話ししました。

恩師は医師です。

お話したのはもしかしたら8~9年ぶりぐらいかもしれません。

アポを取らせていただきたくてお電話したのですが、お会いして話すことはもうほとんどないのではないかというぐらい、お話しました。

久しぶりにお電話でお話しすると、わたしにも変わっていない部分と完全に変化している部分があり、恩師にもお変わりない部分と以前とお変わりになった部分があるように感じました。

恩師もそうお感じになられたのではないかなと思います。

わたしの以前から変わらないところは…、良く言うと自分のポリシーがあります。

そんなわたしでも可愛がってくださったのは、恩師の情報身体が非常に大きいのだと思います。

恩師から見ると、様々なことが完全に想定内だったのだろうなと感じました。

近いうちにお会いできることになったので、わたしは今からとっても楽しみにしています。

201906.16

「時間が足りない」が意味すること

Post by 中西千華 2019年6月16日

写真はわたしが病院での仕事をする時に使っている、メモ用ノートです。

写真はカバーを付けていますが、カバーを外したものが本棚に数十冊あります。

大学病院にいる頃ノートをつけていると、先輩に「いつ止めるかな~」とからかわれましたが、あれから10年経った今もつけています。

わたしにとって、学び、が楽しいから続いているのだと思います。

(ちなみにノートを落としたことはこれまでありませんが、プライバシーは保護しています。)

先日、知り合いが「仕事が大変すぎて時間が足りない」と何度も言うので、つい「仕事を辞めたらどうですか」と言ってしまいました。

その時はつい言ってしまいましたが、そういうことだと思います。

楽しすぎて時間がもっと欲しいのならまだしも、「仕事が大変すぎて時間が足りない」はhave toで仕事をしているから出てくるフレーズだと感じます。

「わたしは時間が足りないという表現を使わないです」と言ったところ、「じゃあどう表現するんですか」と言われて、しばらく考えました。

しばらく考えても、今のわたしにそれにとって代わる表現・概念がなく、そのまま伝えました。

6~7年前にはわたしもhave toでしなければならないことがあり、そのころは本当に時間が足りなかった気がします。

いろんな人に助けてもらいましたし、効率をいかに良くするかを考えていたように思います。

もうすっかり過去の話で忘れていました。

「仕事が大変で時間が足りない」というフレーズには要注意です。

辞め時、かもしれませんし、もしからしたら視点を変えると同じ仕事がwant toになる可能性もあります。

まずは後者の『視点を変えてみる』ことを試していただけると、面白い発見があるかもしれません。

reader読者登録

ブログ購読をご希望の方はこちらからご登録ください。

Subscribe2